iPhoneが水没してしまった時の対応方法

  /  iPhone水没
iPhoneが水没してしまった時の対応方法の画像

目次

  1. iPhoneを水没させてしまった場合
  2. そもそも防水性については?
  3. 水没時のやるべきこと
    1. 電源オフ
    2. アクセサリー類を外す
    3. 乾燥させる

iPhoneを水没させてしまった場合

大事なiPhoneを誤って水没させてしまった!なんていう経験はありますか?落としたことはあるけど、水没させたことはない。という方や、水回りで使わないように気を付けている方、または経験していて過去に辛い思いをした方と様々だと思います。

今回は、もしお持ちのiPhoneを誤って水没させてしまった場合、やるべきことと、やってはいけないことを纏めてみました。

そもそも防水性については?

最近のiPhoneでは、防水機能が付いている機種が登場しています。では一体どの程度の防水性なんでしょうか?実は『防水』ではなく、『耐水』が正しいとされており、これは公式で発表されていました。耐水にも様々な基準がありますが、理解としては防水よりも機能としては劣っている、という認識をしておいたほうが良いみたいです。

そして、耐水は『ある程度耐えられる』というものであり、完全防水ではありません。iPhoneのみならず、精密な電子機器にとって水は脅威であり、最大の敵であると考えなければいけません。

水没時のやるべきこと

誤って水没させてしまった時、きっと焦ってしまうと思いますが、なるべく冷静に対応する必要があります。

電源オフ

まず一つ目に行うことは、『電源オフ』です。きっと動作するか確認したくなると思いますが、電源をオフにして電力を遮断させることがとても大切です。

水没した場合、内部に水が入り込んでいる可能性が高く、その状態で電源を付けてしまうと、回路がショートする場合があります。また、本体を振ったりすることも悪影響となる可能性が高いので避けた方が良いです。

アクセサリー類を外す

二つ目は、iPhoneから外せるものを全て外しましょう。外せるものは、SIMカードやイヤホンジャックアクセサリー、カバー等です。そして、タオルやティッシュ、綿棒などで本体隅々を拭きましょう。

乾燥させる

3つ目は、しばらく乾燥させましょう。ジップロックに乾燥剤を入れ、密封し3~5日ほど乾燥させます。乾燥剤が無い場合は、お米を代用として使用しても良いです。

以上、幾つかやるべきこと・やってはいけないことを記述しましたが、他にも対応策や異なるケースとなる場合もあります。

水没後は完全に元に戻ることはありませんので、予めバックアップを取ることが賢明と言えます。もし無い場合は、電源が入った際、速やかにバックアップを取ることをお勧め致します。また、対応に困った場合は、最寄のお店に問い合わせてみるのも手段の一つとなりますので、ぜひ参考にしてみてください。