iPhoneが発熱したときの対処法

  /  バッテリー
iPhoneが発熱したときの対処法の画像

目次

  1. iPhoneが熱い‼これって故障?
    1. なぜパソコンやスマートフォンは熱いのか
    2. iPhoneのカバーも加熱の原因!
  2. 発熱した時にやってはいけないこと

    iPhoneの防水性

iPhoneが熱い‼これって故障?

iPhoneを使っていて熱いと感じたことはあるでしょうか?
iPhoneは落としたりしなくても、普通に使っていても熱くなる時があります。
iPhoneに限らずスマートフォンやパソコンというのは基本的に熱を帯びています。

なぜパソコンやスマートフォンは熱いのか

それはCPUの処理が増え、負荷がかかるとそれだけ電流が流れ、その分配線や部品などの電気抵抗により熱が発生するからです。
iPhoneの内部の至るところに電流が流れる部分がありますので、それに伴い熱が発生するのです。

例えばアプリをダウンロードしていて一向に完了しないときのように、プログラムがなんらかの理由によりループしてしまう場合があります。こうなってしまうとCPUはさらに頑張って働くのですが、ループに陥ってしまっているので処理が終わらず、働き続けてしまい熱が発生してしまいます。この場合は、ひとまずiPhoneの電源を切り、再起動してみましょう。

なにかをダウンロードしていたり、保存している最中だと、消えてしまう可能性もあるので気を付けてください。

他にもBluetoothやWi-Fiなどを接続しようとして、うまく繋がらずにずっと探し続けている状態の時にも稀に発熱してしまいます。バッテリーの減りもかなり早くなりますので、なぜかiPhoneが熱いと感じた時には一度電源をオフにしてみてください。

こういった事以外にも、アプリの無駄な処理やメモリーに溜まった不要なデータもCPUの処理に負荷をかけてしまいます。
設定の中のバッテリーの項目からどのアプリがどのくらいバッテリーを使用しているかを確認してみましょう。

またその際にバックグラウンド処理と表示されているアプリに関しては、ずっと動いているので不要なものからバックグラウンド更新をオフにすることをお勧めします。
メモリーに不要なデータが溜まっているとCPUのパフォーマンスが下がってしまいます。この状態で今までのように処理を行うと、オーバーヒートしてしまいがちです。どうしてもメモリーには不要なデータが溜まり勝ちなので、こまめにチェックして、不要なファイルは削除しておくことをお勧めします。

iPhoneのカバーも加熱の原因!

ほとんどのiPhoneユーザーはにカバーiPhoneのカバー類は筐体に熱を溜めやすくしてしまいます。
金属製のものであればそこまで影響はしませんが、シリコンやプラスチックなどのケースは熱を貯めやすいので、熱く感じたらカバーを外しましょう。

他に意外と知らないかもしれませんが、充電中は携帯電話を使用しないことをキャリアやメーカーは推奨しています。
ガラケー時代でも充電しながら電話を長時間していると、すぐにバッテリーパックが膨張していました。
今もスマホやiPhoneのバッテリーは、昔のガラケーと同じリチウムイオン電池が使用されています。発熱させたくなかったり、バッテリーを劣化させたくない場合は、電源を切ってから充電をして下さい。

発熱した時にやってはいけないこと

次にiPhoneが熱くなった時に絶対にやってはいけないことをご紹介します。

  • ・冷凍庫や冷蔵庫に入れる。
  • ・氷や保冷剤で冷やす。

これらは急激にiPhone内部を冷やしてしまい、その結果結露が発生してiPhoneが故障してしまう可能性があります。絶対にやらないようにしましょう。
これに関連してiPhoneをお風呂で使用する事もお勧めできません。

iPhoneの防水性

iPhoneは7より前のシリーズは防水ではありません。
また防水であっても基本的にはお湯などにつけていいわけではありませんし、極端に湿気があるところでの使用は想定されていません。
iPhoneの防水性能は以下の通りです。

  • ・連続的に水中の中に入れても影響を及ぼさない
  • ・水深1mに30分間沈んでも水が浸入しない

これは常温の水を使っており、この試験をパスしているというだけですから、液体と気体では違いますし、温度でも変わります。
さらに防水性能は非常に綿密に設計されているので、一度落とした程度の衝撃でも防水性能が損なわれる可能性があります。

それにもかかわらず、お風呂に持ち込んで使用するとどうなるかというと、極端に湿度が高く暖かい浴室から出て、急に空気が冷やされてしまい、筐体内部に結露が出来てしまう可能性があります。
このことにより異常な発熱や性能の低下、バッテリーの劣化など故障あるいはそれに近い状態になってしまいます。

以上、iPhoneの熱くなる原因について述べてきました。
例えて言うならば、iPhoneが熱くなるかどうかは、正常に動作しているかどうかのバロメーターとも言えます。
皆さんもお使いのiPhoneの温度を気にしながら使ってみてください。